副業 SEO HP作成










七五三に関する由来と歴史
 
おすすめネットビジネス副業の始め方


  七五三に関する由来と歴史を知っておく理由・・

トップページ ネットビジネス アフィリエイト 特定商取引法 感想・問い合わせ
年間のイベント 成功への呼吸法 金持ち県の順位 誕生石ストーリー キーワード発掘法
SEO&コピー教材 HPテンプレ教材 ホームページ講座 キーワードツール サブリミナル教材
  TOP副業と年間行事 >七五三に関する由来と歴史
 
 

  七五三に関する由来と歴史について


ネットビジネスで稼ぐ最大の武器は [キーワード選定]
記事を書く [コピーライティング] の2つです。

あなたは [ネットビジネス副業の始め方] に必要な上記のスキルは、 どうやったら身に付けられると思いますか?
 (その方法については後半にて)

 

七五三は、元々関東周辺だけで行われる地方風俗だったって知っていました? その昔は、b赤ちゃんや子供の死亡率が高く、3歳まで元気に育つことが非常に少なかったという ことで、[子供が元気に育つこと] が今では考えられないほどに大変な喜びであったのです。

また同時に、3歳で言葉を理解し出して、5歳で知恵が付きだします。そして7歳で永久歯が 生えてくるという発育の節目でもあったことから、[七五三のお祝い] を行ったと伝わっています。

元々、[七五三は武家が起源である] とされていますが、江戸時代になると庶民の間にも広まって いきます。その時代の錦絵の中には、七五三の様子を描いたものもあるようですね。

江戸時代の錦絵として、当時の七五三の様子が描かれているんですが、 「犬配分いぬはいぶん」と云われ、[犬の形をしたオモチャ] を、元気に何歳になりました、 という意味を込めて [親戚中に配ったという習慣] もあったようです。

お参りに行く時に、[この犬の形をしたオモチャ] を沢山持って行って、お参りした後で、その オモチャを配ってお祝いをしたというようなお祝いの模様が描かれているようです。

そこには「お母さんとおばあちゃん、そして女の子」が描かれているのですが、お父さんは 描かれていないんということで [当時は女の子のための行事] だったようです。


男児はハカマギ 女児はオビトキ,オビムスビ



七五三は、病気などで亡くなる子供が多かったことから、幼児や子供の成長期の健康を願う 重要なお祝いの一つだったということなんです。一般的に男の子は3歳と5歳に行い、女の子は3歳と 7歳<で行います。

また、男の子は「袴儀ハカマギ」女の子は「オビトキ,オビムスビ」また 「紐落としヒモオトシ」の祝いと称しまして、これまでの一つ身の着物から、[三つ身,四つ身] に 着替え,新しい帯を締めてお宮参りをすることが各地の風習だということです。

現在の七五三では、住んでいる地域や各家庭での違いは若干ありますが、近所の神社にお参りした り、または有名な神社に行って [参拝や祈祷をする] というのが一般的ですね。

数え年で3歳「満2歳になる年」に、男児女児ともにお祝いをする習慣が一般的です。 江戸時代頃には、[子供の髪の産毛を剃っておく] と大きくなったら健康な髪が生えてくると云われて いたこともあって、[男児女児とも3歳までは坊主] にする習慣があったようです。 そして、3歳になったら「髪置きの儀かみおきのぎ」髪の毛を伸ばし始める儀式を行った そうです。

数え年5歳「満4歳になる年」に、男の子だけのお祝いをします。初めて「袴はかま」を 着用する「袴儀はかまぎ」を行います。

袴は江戸時代の武士が公の場で身に着ける「正装」であったということからも、この儀式は 幼い男児にしてみても、[男として社会の一員になる] という意味合いを持っていたようです。 また、正式な晴れ着として「袴儀はかまぎ」を行う他に、紋付羽織も着用しするようです。

[数え年7歳、満6歳になる年] には、女の子のお祝いをします。3歳まで着物を結んでいた 「付け紐」から、成人と同じ「丸帯まるおび」を付けて、女として社会に出るという意味合い があるのです。


数え年で3歳に男児女児ともにお祝いする



七五三が始まったのは、室町時代から江戸時代にかけてと言われていますが。当時は数え年 であったので、今の数え方だと「2歳くらいの赤ちゃん」が七五三の最初に祝う行事だったのです。

今、行われている七五三の形は、当時からあったのではなくて、徐々に今の形になってきたのだと 思いますが、現代に生活する私たちにとっては、七五三は当たり前のような行事に思えます。

しかし、[3歳まで元気に無事に育つ赤ちゃんが少なかった時代] 、当時の親たちにとっては 七五三を無事に迎えられるという喜びは、現代人の私たちには、想像も付かないほど大きなものだった に違いありません。

そうなんです。七五三の儀式の意味には「子供の厄除けが一番だった」という訳なんです。 大人にも厄年というのがありますが、[数えで男性44歳、女性33歳<] はご存知の通りです。

子供の場合、七五三の年齢を無事元気に過ごすことで、一つずつ厄を落として大きく育って 行って欲しいという [親たちの願いが込められていた儀式] だったのです。

私も [3人の娘の七五三に出向いていった] ことを思い出します。現代では子供が病気で亡くなる ことなど、ほとんど無い訳ですし、単なる恒例行事として行っていますが、こうして調べてみると、 昔の親たちにとって、もっともっと深い想いと願いが込められていた行事だったのです。


おすすめネットビジネス副業の始め方!



さて、自分の子供たちの七五三もそうですが、[私は自分が生きた足跡] として、その時の気持ちや 考え方などを、ホームページに記事として残しておきたいと、一年ほど前に思い 立ちました。

それには、ブログなどのように運営者の都合で、いつ消されるか解らないような媒体に残すのでは なく、自分だけの「アドレス=独自ドメイン」を持った媒体で残そうと考えました。

世界で一つしかない、自分だけのホームページに残そうと思ったのです。 しかし、それにはホームページを作るスキルが必要 「HTMLタグを使って作る本格的なホームページ作成スキル」を学ぼうと 思って飛び込んだのが、この「ウエブ講座」なのです。

月々格安の受講料でマスターできる「ウエブデザイナー講座」があるのですが、もし、 本格的なプロ並みのホームページ作成スキルにご興味あれば、是非下記より詳細を ご確認下さいませ。




Copyright © 2015 おすすめネットビジネス副業の始め方 All rights reserved.
by 飛鳥塾オフィシャルサイト