マーケットリサーチ力を鍛える
 
副業で稼ぐ仕組み作りガイド


 
トップページ ネットビジネスとは アフィリエイトとは 特定商取引法 お問い合わせ
人気のHP教材 四季の年間行事 成功への呼吸法 全国の金持ち県 HP誕生石物語 アクセス改革
HP作成スキル
 TOPアクセス改革 >マーケットリサーチ力を鍛える
 

  マーケットリサーチ力を鍛えるについて

 

稼ぐためにマーケットリサーチ力を鍛える



あなたが好きなテーマや得意のテーマで記事を書いて、その記事のテーマに沿った商品やサービスを売ろうとしたとします。 しかし、その売ろうとしているテーマの商品が、市場規模の小さな分野の商品だったら売れにくいということです。
(ネットビジネスを「キーワード化」する情報は後半にて)


例えば、身体の一部である「指に関する治療法」よりも「腰痛に関する治療法」の方がマーケットは大きいわけで、 市場規模が大きいわけですから、「腰痛に関する治療法という商品やサービスの方が売れやすい」ということです。

なので、出来ればマーケットが大きい市場で勝負をした方が売れる大きさも違ってくるわけです。


市場規模の小さな分野の商品を売っても、中々思ったように売り上げを上げることは出来ません。なぜなら誰もが知らない 分野の商品だったり、限られた人だけが使う商品だったりすれば、自ずと売れる数は決まってくる筈ですよね。

マーケットというのは市場を意味しますが、人気があるとか誰もが知ってるとか需要の大きさということもできます。 ですから、あなたの得意分野とは言え、もしそれがマーケットの小さな市場であれば爆発的に売ることは出来ません。

マーケットリサーチを知らずに、得意分野だからといって好き勝手にリサーチもせずにサイトを作っても 見に来てくれる人がいなければ、買ってくれる人もいない訳です。


マーケットリサーチに特化した情報



ここでは、マーケットリサーチに特化した情報に絞ってお伝えしていますので、実際には市場の大きさだけでは、 すべてを判断できることではないのですが。

他で解説しますが、他にもライバルリサーチやニーズリサーチ、そしてセルフリサーチ などのリサーチ法がありますが、ここでは出来るだけマーケットのリサーチに絞ってお伝えしています。

マーケット規模だったり、市場の大きさに限って言えば、例えば、
「足裏マッサージの市場規模」よりも、 「マッサージ」の市場の方が大きいわけなんです。

ただ、市場規模が大きければ、必ずしも売れるかという訳ではありませんが、市場規模が小さいよりも 規模の大きな市場の方が有利ですよ。ということなんですね。


ネットビジネスの「キーワード」を選定する



しかし、マーケットリサーチは難しそう!と思った人も多いかも知れません。 いや、難しいかも知れないけれど、「しっかり勉強して身に付けなければいけないスキルだ!」と思って、 マーケットリサーチを一から学んで行ける人は、大いに頑張って習得して下さい。

でも、「勉強して習得していくには時間が掛かる」、などと思った人や、「やりながらスキルを習得できれば」 などと思った人限定で、「学びながらマーケットリサーチ」ができる「キーワード発掘ツール」を、 ご紹介しておきますね。私もただ勉強するのは嫌いで、ツールを使いながら覚えていくタイプなんですね。


あなたは「学ぶことが好きなタイプ」でしょうか、それとも私と同じ「進めながら覚えるタイプ」でしょうか。 何れにしても、使える部分はツールに任せて、同時に学べるところは学んでしまえ!と考えて行く方が楽しいかも知れません。

ネットビジネスに限らないとは思いますが、何かを学んだり習得するに当たって、真剣に取り組むことは 素晴らしいことなんですが、一直線に脇目もふらず頑張りすぎる人も、転んだ時には立ち上がれないほどの ダメージを受けてしまうこともあります。

決して、遊び半分でやれ!と言ってる訳ではありませんが、真剣に取り組みながらも、それ自体を 楽しんで学べたらどうでしょうか?

例えば、ツールを使いながら、ツールを楽しみながらマーケットリサーチができて、「有力なキーワードを発掘」 出来てしまえば最高ですね。習得する大変さもぜ〜んぶ楽しんで学べたら・・



☆ネットで稼ぐための最強ツール TOP
☆「文章コピーの理解を深めるAIDMA」に進む

Copyright © 2015 副業で稼ぐ仕組み作りガイド All rights reserved.
by asukajuku.jp 飛鳥塾