クエストフォーミュラはじめてガイド
 
副業で稼ぐ仕組み作りガイド


 
トップページ ネットビジネスとは アフィリエイトとは 特定商取引法 お問い合わせ
人気のHP教材 四季の年間行事 成功への呼吸法 全国の金持ち県 HP誕生石物語 アクセス改革
HP作成スキル
 TOPHP仕組み作り >クエストフォーミュラはじめてガイド
 

  クエストフォーミュラはじめてガイドについて

 

クエストフォーミュラはじめてガイド



もし、あなたがネットビジネスで稼げていないとすれば、もしかすると文章の書き方に原因があるかも 知れません。そうであれば、今から私がお伝えする「QUESTの法則」があなたの悩みを解決します。
(HP作成スキルで「自分史」を残す方法は後半にて)


この「QUESTの法則」は、人の反応や購買心理を効果的に引き起こす文章の型として、 マイケル・フォーティンという人が提唱した「クエストフォーミュラ」というコピーライティングの一つです。

下記に「QUESTの法則」で文章を書く際のステップを記しますね。

Understand(共感する)
Educate(教育する)
Stimulate(興奮させる)
Transition(変化させる)


以上の5つで構成されています。


QUESTの法則という段階的文章の書き方



私は文章を書く事が嫌いではありませんでしたし、人並み以上に文章を書く技術も高いと 自負していましたので、中々売れない理由が文章にあるなどとは数年前は思ってもいませんでした。

しかし、コピーライティングを少し勉強し出して、この「QUESTの法則という文章の書き方」を 知ったのです。よく調べてみると、売れてるセールスレターやランディングページの多くは、この 「QUESTの法則などの文章構成や購買心理の法則」をに沿って書かれていたのです。


「PASONAの法則」「AIDMAの法則」そして「QUESTの法則」などの文章構成の法則がありますが、 中でも、ネットビジネスに置ける販売ページやセールスレターなどでは、この「QUESTの法則」が 多く使われているも言われています。

多くのネットビジネス成功者やトップアフィリエイターが、好んで使っている「QUESTの法則」には どのような魅力があるのでしょうか。

それは、人間の行動心理や購買心理に沿った文章構成で、まず最初にどのような人に向けて書くのかと いうことを明確にすることからスタートします。

そして、ターゲットを絞り込んだら、次はその人たちに「Understand(共感)」して頂くというように、 人が感情を動かされるように、購買の方向へと誘導して行く自然な形なのですね。


ホームページに「自分史」を残しませんか?



もし、あなたが昔の私のように思いつくまま文章を書き、好きな方法で記事を書いて自己満足している としたら、それがアフィリエイトなどのビジネスであれば、いつまで待っても売れることはありません。

もし、あなたが日記形式のブログを書いて、集客や売上など利益追求に関係のないサイトを運営している のであれば、別にそれでも差支えはないでしょう。

「QUESTの法則」は、ビジネスとして売り上げを上げるためのコピーライティング法の一つであり、 文章構成のスキルですので、この方法を身に付ければ、ホームページやブログの売れる記事を書く スキルは一生途絶えることはありませんので、あなたの未来をいつまでも豊かにして行くことになると思います。


しかし、「QUESTの法則」を使えるようになったとしても、文章を書く媒体が無ければ書くことは できませんよね。もし、あなたが「QUESTの法則」を使って本格的に文章を書いて、アフィリエイト などのネットビジネスで成功を目指すのであれば、一つだけ覚えておいて下さい。

それは、何に「QUESTの法則を駆使した文章を書くか」ということです。ネットビジネスで一番有利な 文章を書く媒体は、ブログでもなくフェイスブックでもありません。

それは、自分でホームページを作れるスキルであり、独自ドメインを持った自分のサイトを作ることです。 というと、難しそう!考える人がいるかも知れませんが、実は私もこの講座で勉強して、このような ホームページを作り、「QUESTの法則を加えながらこの記事」を書いているのです。

興味あれば、引き続き下記へと読み進め下さいませ。



☆ネットで稼ぐための最強ツール TOP
☆「競合リサーチ法のガイドライン」に進む

Copyright © 2015 副業で稼ぐ仕組み作りガイド All rights reserved.
by asukajuku.jp 飛鳥塾