副業 SEO HP作成 講座
 
 コピーライティング 教材









海洋国日本 7月20日?海の日の由来
 
おすすめネットビジネス副業の始め方


  7月20日?海の日の由来を知ってる理由・・
  ネット副業で成果を上げる最善の始め方サイト

トップページ ネットビジネス アフィリエイト 特定商取引法 感想・問い合わせ
年間のイベント 成功への呼吸法 金持ち県の順位 誕生石ストーリー キーワード発掘法
SEO&コピー教材 HPテンプレ教材 ホームページ講座 キーワードツール サブリミナル教材
  TOP副業と年間行事 >海洋国日本 海の日の由来
 
 

  海洋国日本 海の日の由来について


ネットビジネスで稼ぐ最大の武器は [キーワード選定]
記事を書く [コピーライティング] の2つです。

あなたは [ネットビジネス副業の始め方] に必要な上記のスキルは、 どうやったら身に付けられると思いますか?
 (その方法については後半にて)

 

突然ですが、海の日っていつから始まったのかご存知ですか?  確か少し前は、7月20日を「海の記念日」って呼んでいませんでしたっけ?海洋国日本の 海の日に関する歴史や由来などを調べてみようと思います。

「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」という趣旨で周囲を海に囲まれ た日本で [海の日を祝日] として制定が決まったのが、1995年「平成7年」なのです。 そして翌年「平成8年」より祝日として実地されましたが、当時は7月20日が「海の日」でした。

でも、昔は [海の記念日] って呼んでいませんでした?いつから「海の日」に変わったの? そうですね。「平成8年」に祝日になる前は「海の記念日」と呼んでいましたが、これは 昭和16年、1941年に「海の記念日」という名称が制定されたことからそう呼んでいました。

しかし、その歴史は古く、1876年 明治9年に明治天皇が東北、北海道を巡られて横浜に帰港 された記念の日が、後に「海の記念日」になったということのようです。


明治天皇が航海から無事帰港した7月20日



また、当時の日本は、[まだ大きな船がなかった時代] ですし、日本はそれまで軍艦による航海しか できなかったのですが、ようやくこの頃に [大型船が入り始めた時期] でもありました。

ですから、[船で海に出るなんて本当に極一部の限られた人] しか経験できなかった訳なんです。 そのような時代背景から考えると、どれだけ先進的な船旅だったのか想像出来ると思います。

今までの軍艦に乗船した航海ではなく、「明治丸」という汽船に乗って航海をされたという ことです。その [明治丸] が横浜港に帰港したのが「7月20日」だったということによって、 この日が後に「海の記念日」になったという由来です。

私が横浜に住んでいた頃の、昭和50年前後も横浜では「海の記念日」のイベントなどが 盛んだった記憶があります。その頃に「海の記念日」の華やかなイベントを初めて見ること ができました。

明治天皇が航海から無事に帰港された7月20日、横浜では [総帆展帆そうはんてんぱん] と [畳帆じょうはん] と言われる、帆船日本丸の全ての帆29枚を広げて畳む日なのです。また、 この日は見学者も乗船して [日本丸の船内を見て回る] こともできるようです。


海に泳ぐのは「海の日」ではなく海開きの日



さて、「海の日」というと海に海水浴に行ったり、海に遊びに行ったりするのでしょうか? たぶん、[海の記念日だから記念に泳ぎに行く日] だとか、海に出かける日だと思われていたのでしょう。 名前に因んで、こんな意味が広く浸透したのかも知れません。

しかし、海に最初に泳ぎに行く日は「海開き」ですし「海の日」「海開き」 はよく間違われますが、まったく別の日なのです。あなたも混同してませんでしたか?

[海開きは初泳ぎや海水浴に行く日] ですが、「海の日」は海洋国日本の繁栄を願う日で あって、[海の恩恵に感謝しつつ祝う日] なんです。ですから日本全国の港のある町などでは、 この日は様々なイベントや催し物が行われています。


みなとみらいの日本丸メモリアルパーク周辺



「海の記念日」と呼ばれていた名称から「海の日」に変わった由来はもうお分かり になりましたね。では、なぜ海の日が7月20日から第3月曜日に変わったのかという理由ですが、 これは「ハッピーマンデー」という、日曜日と連続して休日にするという平成12年に制定 された制度によるものです。

また、この「海の日」は、みなとみらいの [横浜ランドマークタワー下の日本丸メモリアル パーク] 周辺では、イベントは絶えず行われているようですので、横浜にその日に行くことがあれば、 重要文化財のドックなどを見ながらイベント回りをするのもいいかも知れません。

昔は、時間を作っては旅に出たり、知らない街に出かけて歩き回るのが好きでしたが、今では中々 仕事やそれ以外のことにも縛られて [ふっと旅に出ることが難しく] なりました。

しかし、希望的観測も入っていますが、もうすぐ [日常の忙しさからもリタイヤ] して、 再びふらっと思い付いて [全国の街に飛び出して行きたい] と思う今日この頃。

おすすめネットビジネス副業の始め方!



日記代わりに、そんな旅の様子や出来事を、私はホームページに記事として 残しています。一昔前は、自分の記録や生きた証などを後世に残すために、[自叙伝などの本を 出版する方法] しかありませんでした。

でも今では、インターネットの発達で、瞬時に自分の思いが世界中の人に発信することができる 時代です。調べものでも、昔は分厚い辞書や百科事典をめくって探していたものが、今では検索窓口に 調べたい単語を打ち込むだけで、何でも調べることができます。

今やインターネットが身近にある時代は、自分でホームページを作って運営して 行く時代でもあります。インターネット優先の現代で、ブログではなく本格的なホームページ が作れることは強力な武器になることは確かです。

私の知り合いは、[長年ブログで情報発信] をしていたのですが、ある日突然自分のブログが 無くなっていたそうです。書き溜めてきた情報もすべて水の泡です。

所詮、ブログなどはブログ運営者の意志と運命を共にしなければなりません。その点自分のドメイン で作って運営するホームページは、自分で消さない限り半永久的に蓄積され資産 となって残ります。

今後、[益々インターネット社会に拍車]が掛かっていくと思いますが、今から更に ホームページを運営して行けるスキルがあれば強力な武器が増すことは間違いないこと でしょうね。


もし、あなたが [副業で稼ぎたい!] と思われているのなら、先ずは 自分でホームページを作れることが非常に大きな武器になります。 あなたがインターネットで副業ライフを現実のものにするためにも、まずは ホームページ作成スキルを是非身に付けて 下さい。





Copyright © 2015 おすすめネットビジネス副業の始め方 All rights reserved.
by 飛鳥塾オフィシャルサイト