ネット副業ランキング











7月7日 織姫と彦星が離れた理由
 
初心者におすすめ ネットビジネスの始め方

 
トップページ ネットビジネス アフィリエイト 特定商取引法 感想・問い合わせ
年間のイベント 成功への呼吸法 金持ち県の順位 誕生石ストーリー キーワード発掘法
SEO&コピー教材 HPテンプレ教材 ホームページ講座 キーワードツール サブリミナル教材
  TOP副業と年間行事 >織姫と彦星が離れた理由
 
 

  織姫と彦星が離れた理由について


ネットビジネスの2大武器は [キーワード選定] と 記事を書くこと [コピーライティング] の2つです。

あなたは [ネットビジネス副業で稼ぐ] ために必要な上記のスキルは、 どうやったら身に付けられると思いますか?
 (その方法については後半にて)

 

一年に一度、織姫と彦星が逢う7月7日の七夕の由来ってご存知でしたか? 子供の頃、願い事を短冊に書いて笹にしばって、お願いをしたことがあると思います。 その由来は、[元々少し今とは違った意味から始まったという説] もあります。

七夕は「たなばた」と読むのが今は一般的ではありますが、昔は七夕を「しちせき」 と読むことの方が多かったようです。

歴史的にも古く、[日本の行事でも季節の節目などを祝う行事] として行われている、「五節句」 の一つに数えられる、毎年7月7日に行われる七夕の節句です。

では、五節句にはどんなものがあるんでしょうか。 一つ目の節句は「人日 じんじつ」正月7日に今でも続いている、無病息災を願って正月の [七草粥を食べる人日という節句] ですね。

二つ目の節句は「上巳 じょうし」3月3日は、3月の上巳の桃、よもぎ、江戸時代までは 桃花酒だったようですが、それ以降は [白酒で祝うひな祭り] です。

三つ目の節句は「端午 たんご」の節句、今でも子供の日として5月5日は祝日です。 5月5日は端午の菖蒲湯に入って子供の健康を願います。[ちまきや柏餅を食べる習慣] もあります。


五節句にはどんなものがあるんでしょうか?



そして四つ目の節句が「七夕 しちせき」今では [七夕たなばた] と言って日本全国で 行われている習慣です。7月7日は7月の七夕の [竹、瓜、さくげ、そうめん] 、各地のお祭りも 様々のようです。

五つ目の節句は「重陽 ちょうよう」という節句ですが、あまり聞いたことのない人が 多いと思います。というのも、明治以降急速に衰退して行き、今では [菊にまつわる行事] でしか 聞かなくなりました。

9月9日は9月の [重陽の菊、菊酒] など、9月9日は旧暦では菊が咲く季節でもあるので 菊の節句とも呼ばれ、邪気を払って長寿を願いながら菊の花を飾ったり、[菊の花びらを 浮かべた酒] を飲んで祝ったという「重陽の節句」です。

五節句が解ったところで、次は [七夕の由来] に入りますが、七夕の由来と言われている ものは [3つ] あるようですので、一つずつ解説していきますね。


「機屋はたや」に篭って神様にお供えする織物



一つ目が「棚機 たなばた」という由来。「棚機たなばた」という日本の神事として 行われていたものがあるんだそうです。[七夕たなばたと同じ読み方] をするようですが、その内容は まったく違います。

「棚機たなばた」とは、神事で使う着物を織る時の [はた織り機] の名称で、古くから 行事の折に「禊ぎ みそぎ」けがれを払って乙女が着物を織る時に使われていたそうです。

「棚機たなばた」で織った織物を神棚に供え、秋の収穫の豊作を願ったり、邪気やけがれを 払ために行われていた神事を言うのです。

また、この [棚機たなばた] を使うことが出来るのは、神に仕える身として選ばれた乙女のみです。 そのために選ばれた乙女のことを「棚機女たなばたつめ」と呼んでいたそうです。

選ばれた乙女は [機屋 はたや] に篭って神様にお供えする織物を織ったそうです。 それから仏教が日本に伝来し、この行事はお盆の準備として7月7日に行われるようになりました。 その後、「棚機 たなばた」と同じ読み方で、七夕という当て字を使うようになったと伝わる 説です。


あなたが思う本当の由来はどの説でしょうか



2つ目が、織姫と彦星の伝説の由来。 [七夕の季節になると大きく輝く二つの星] が見えると思います。一つは、「琴座のベガ」と 呼ばれる星で裁縫仕事の星です。もう一つは「鷲座のアルタイル」といわれる星で牽牛けんぎゅう星 です。[牽牛星は農業仕事の星] として考えられていました。

この2つの星の間には、誰もが見上げる小さな星が無数に輝く川のように見える天の川が あります。この2つの星は、[旧暦の7月7日頃] 新暦では8月7日頃に一番輝きを見せるので、 2つの星が互いに求め合っているように見えることから、七夕伝説が誕生したという説です。

3つ目が、「乞巧奠 きこうでん」という織物への願いから始まったいう説です。 古代中国の行事に [乞巧奠きこうでん] というものがあったそうです。

「琴座のベガ」という星は、[裁縫仕事の星] ということで、古い中国では織姫にあやかって 「織物の上達を祈る風習」から生まれたという説です。

現在では、[7月7日は織物の上達] だけではなく、芸事や書道などすべての上達や願い事 を短冊に書いてお祈りする日として各地によっても変化しながら伝わっているようです。


副業収入をネットビジネスのスキルで稼ぐ!



今あなたの願い事は何ですか? ちょうど一年ちょい前の私の願い事は 「本格的なホームページが作れるようになる」ことでした。七夕の短冊には書きません でしたが、今願い事は叶ってこうしてホームページを作っています。

それ以前、私が行っていたホームページ作成方法はホームページビルダーという 超有名なホームページ作成ソフトを使って趣味レベルのホームページ を作っていました。

しかし、[ビジネスや本格的な場面では見劣りがして使えない!] ということを知って、本格的な 作成スキルをマスターしたいと思い立ったのが、一年ちょっと前くらいです。

テンプレートにHTMLタグを使って作るのですが、作成ソフトを何年も使っていたのに、 なんとHTMLなどのホームページ作成の基本中の基本も身に付いていなかった のです。

愕然とした私は、この方法を「もっと早くから学べば良かった!」と後悔しましたが、 考えてみれば当たり前ですよね。だって、[そんな面倒で難しいことは全部作成ソフト] がやって くれる訳ですから。

でも、今では作成ソフトを使っていた頃より断然早くて、本格的なホームページが作れる ようになりました。頼まれれば、お店や個人にも [格安で作成して差し上げる] こともあります。

このホームページ作成の「テンプレート」の習得者には、本業 や副業でホームページ作成サービスを立ち上げている方も沢山いるようです。

あなたも、ホームページ作成スキルに興味ありませんか? もし興味あれば、[七夕の短冊に願い事を書くより先に下記の詳細] を読んで見て下さい。

今までは書籍を出版して後世に残すというのが生きた証の残し方でしたが、これからは インターネットの時代です。紙媒体ではなく、ホームページにデータとして残す 方法が主体になります。




Copyright © 2015 初心者におすすめ ネットビジネスの始め方 All rights reserved.
by 飛鳥塾オフィシャルサイト