副業ガイド|ホームページ作成スキル











 終戦記念日 最後の特攻隊
 
ホームページ作成スキルで稼ぐ副業ガイド

 
トップページ 副業ネットビジネス 副業アフィリ 特定商取引法 お問い合わせ
ホームページ副業 副業と年間行事 副業と成功呼吸 金持ち県ランク 副業と誕生石物語 副業キーワード
HP作成スキル
 TOP副業と年間行事 >終戦記念日 最後の特攻隊
 

  終戦記念日 最後の特攻隊について


武器の獲得は [WEB講座] それとも [テンプレート]



あなたは [副業で稼ぐ] ための武器となる 【ホームページ作成スキル】 WEB講座 で身に付けますか?それとも ホームページテンプレート で習得しますか? 何れにしても・・ (ホームページで [副業や自分史] に関する情報は後半にて)

 

昭和27年まで9月2日を [敗戦記念日] と呼んでいたって知っていましたか? 1945年(昭和20年)9月2日は、日本がポツダム宣言に調印した日で、アメリカや イギリス、ロシアなどは9月2日を終戦としています。

日本におけるいわゆる [終戦の日、終戦記念日] 太平洋戦争終結の日は、厳密には 8月14日の昭和天皇が玉音放送によって、日本政府がポツダム宣言の受諾 [日本の降伏表明] を 連合国側に通告したことを、国民に放送を通じて公表した1945年(昭和20年)8月15日とする のが一般的な終戦の日です。

当日は、[朝から天皇陛下が本日正午から重大発表を行なう] ので必ず聴くようにという、 アナウンスが繰り返し繰り返し行われたということです。

これがいわゆる歴史に残る「玉音放送ぎょくおんほうそう」という天皇陛下の終戦宣言です。 この放送により、[日本国民が戦争が終わったことを実感] しました。この日がいわゆる [終戦の日] と なった訳です。


天皇陛下の玉音放送後に最後の特攻を行った



当然ながら [首都東京も、日本の全国の主要都市はことごとく空襲により大打撃] を受けほぼ機能 していなかったのです。そして、広島と長崎に投下された原子爆弾のことも多くの国民は知って いたのです。

ですから [戦争に負けたということを薄々感じていた人も多かった] 筈なのですが、昭和天皇の 玉音放送によって改めて「敗戦」という現実に目を向けさせられた人々の深い悲しみや絶望 が伝わってきます。

しかし、なんと8月15日のまさに終戦の日に、艦隊指令を務めた宇垣 纏海軍中将が、 天皇陛下の玉音放送後に、アメリカ軍相手に最後の特攻を行うという出来事がありました。

宇垣 纏海軍中将は、1890年(明治23年)2月15日、岡山県赤磐郡潟瀬村(現・岡山市東区) の農家で教師の父・善蔵のもとに生まれています。

岡山中学校を経て1909年(明治42年)9月11日、[海軍兵学校40期] に成績順位150名中、 第9位で入校しています。

そして1912年(明治44年)7月17日、[海軍兵学校を成績順位144名中第9位] で卒業して 少尉候補生となっているようです。

1945年(昭和20年)8月12日、[宇垣は第七〇一海軍航空隊の佐藤大尉] に稼動彗星艦上爆撃機 の稼動できる機数を尋ね、11機という返答を得た際に「5機もあれば」とつぶやいたと されます。


山本五十六に遺贈された短刀を持参して出撃



8月15日早朝、宇垣は「彗星を5機用意」するように、部下の宮崎隆先任参謀、 田中武克航空参謀、中津留達雄大尉に命じました。

しかし、11機の「彗星」が用意されていた。これに対し宇垣は「命令は5機だ」 と発言したが、指揮所前には22名の搭乗員たちが整列しており、中津留大尉は 「出動可能全機で同行します。命令が変更されないなら命令違反を承知で同行します」と 答えたそうです。

8月15日正午、全日本帝国軍の降伏とポツダム宣言の受諾を伝える「天皇陛下の玉音放送」 が発せられました。これを受けて宇垣は「未だ停戦命令に接せず。 多数殉忠の将士の跡を 追ひ特攻の精神に生きんとするに於て考慮の余地なし」「余又楠公精神を以て永久に尽くすところ あるを期す。一六〇〇幕僚集合、別杯を持ちあり。之にて本戦藻録の頁を閉ず」と戦藻録の 最後を記しました。

特攻隊の出撃準備に取り掛かり、[宇垣は中津留大尉の操縦する彗星43型に搭乗] しました。 彗星43型は2人乗りだが、遠藤秋章飛曹長が交代を拒否したため、[宇垣、中津留、遠藤] の3人が 乗ることになりました。


軍兵学校同期である第十二航空戦隊司令官 [城島高次少将、及び幕僚である先任参謀・宮崎隆、 参謀長・横井俊之] から死を決せられる気持ちは理解できるが、戦後処理や、国家的な責任の問題も あるため、 [なんとかとりやめることはできないか] などと翻意を促されたが、宇垣は 「武人としての死に場所を与えてくれ」と、その決意は揺らぐ ことはなかったそうです。

[特攻隊は合計11機23名] (途中3機が不時着、5名生存)で、沖縄沖に向かって大分基地から 離陸しました。出撃前の彗星前で撮った写真に彼は笑顔で写っています。

[高官が死地に赴くときには階級を示すものを外す習慣] があったため、軍服から中将の階級を外し、 そして山本五十六から遺贈された短刀を持参して出撃して行ったそうです。

日本には古くから「武士道と云ふは死ぬ事と見付けたり」この言葉は、葉隠武士道の中でも 特に有名な一節でもありますが、これは葉隠の全体を理解せず、この部分だけを解釈して死を美化した 傾向にあります。

しかし、武士としての心得を口述した山本常朝自身「我人、生くる事が好きなり」と後述 している様に、葉隠は死を美化したり自決を推奨する書物と一括りにすることは出来ない。ということ なんです。「参考wikipedia」

副業収入をホームページ作成スキルで稼ぐ!



私は、歴史や時代の出来事などを調べて、多くの人たちにその情報を発信していますが、 それがなぜ出来るのかといいますと、それには「ホームページ作成スキル」という 強力な武器があるからです。

ブログも沢山運営していますが、ブログなどのSNSとは違って、自分のドメインで世界で一つ だけの「自分のホームページを作るスキル」はインターネットの世界では強力な 武器になります。

あなたも、「本格的なホームページ作成スキル」を身に付けませんか? 私が情報発信や多くの人と情報を共有出来るのも、「本格的なホームページ作成スキル」 を身に付けたからなんです。


もし、あなたが [副業で稼ぎたい!] と思われているのなら、先ずは 自分でホームページを作れることが非常に大きな武器になります。 あなたがインターネットで副業ライフを現実のものにするためにも、まずは ホームページ作成スキルを是非身に付けて 下さい。





Copyright © 2015 副業で稼ぐホームページ作成 All rights reserved.
by 飛鳥塾オフィシャルサイト