ネット副業ランキング











衣替えの時期はなぜ春と秋
 
初心者におすすめ ネットビジネスの始め方

 
トップページ ネットビジネス アフィリエイト 特定商取引法 感想・問い合わせ
年間のイベント 成功への呼吸法 金持ち県の順位 誕生石ストーリー キーワード発掘法
SEO&コピー教材 HPテンプレ教材 ホームページ講座 キーワードツール サブリミナル教材
  TOP副業と年間行事 >衣替えの時期はなぜ春と秋
 
 

  衣替えの時期はなぜ春と秋について



ネットビジネスの2大武器は [キーワード選定] と 記事を書くこと [コピーライティング] の2つです。

あなたは [ネットビジネス副業で稼ぐ] ために必要な上記のスキルは、 どうやったら身に付けられると思いますか?
 (その方法については後半にて)

 

「衣替え」は、6月1日に夏向きの服装へ、10月1日から冬服に向けて衣替え をする風習です。しかし、なぜ [一斉に夏服へ冬服へと替える] ようになったのでしょうか?

[歴史的な由来] から話しますと、衣替えは平安時代頃に中国から伝わった習慣のようですね。 宮中の行事として、[年に2回衣を替えるようになった] のが始まりのようです。

その頃は「更衣こうい」と呼ばれていたようですが、[女官の役職に更衣] が用いられる ようになったので、「衣更え⇒衣替え」と呼ぶようになったそうです。

因みに当時は、旧暦の4月1日〜9月末が夏の装いで、10月1日〜3月末までが冬の 装いでした。

また、[江戸時代に入ると着物の種類も豊富] になってきましたので気候や季節に合わせて年に 4回ほど、衣替えをする習わしが [武家社会で定められた] ということです。

9月9日〜3月末までが綿入り、「半纏はんてん」のようなものだったのでしょうか。


武家社会の習わしが少しずつ庶民に広がった



この武家社会の習わしが、徐々に庶民にも広がったという訳ですね。 因みに、旧暦で4月1日〜5月4日までは裏地のついた「袷あわせ」、5月5日〜8月末まで は裏地のない「単衣ひとえ」だったそうです。

また、9月1日〜9月8日までは裏地のついた「袷あわせ」今で言う「あいもの」 でしょうね。因みに、[あいもの] とは冬服と夏服の合間に着る服という意味ですが、漢字では [合服(合着)] もしくは、間服(間着)と書くようです。

[明治に入ると、街行く人の装いも一変する] のですが、この時代に洋服が取り入れられ多くの 人が着物から洋服へと変わっていきます。また役人や軍人などが洋式の制服<を着るようになります。

暦も新暦に変わり、[役人や軍人が夏服と冬服を年に2回衣替えする習慣] になってきました。 すると、徐々に学校や家庭にも衣替えの意識が浸透してきて、現在の衣替えになったのだそうです。

そして現在の、[6月1日〜9月末までが夏服] になり、[10月1日〜5月末までが冬服] という ように年2回の衣替えの習慣が定着したのだそうです。

もちろん [ピッタリこの日からという訳ではなく] て、この日を 目安に地域によって調整されるということなんですね。


季節や場に馴染むと感じるのが日本人の感性



しかし、制服やユニフォームの場合は、会社や組織に所属する人が着用するように定められている ので、一斉に衣替えをするのも解りますが、一般の場合はなぜなんでしょうか。

[地域によって気候や風土も違う] し、衣替えのタイミングを調整したり、「あいもの合服」 を中間に入れたりしながら工夫して衣替えをする必要があります。

[6月1日から夏物] だからといって、この日から全て夏物を着る人はいないと思います。

6月に入ったら、夏らしい装いを心掛けるようにし、10月に入ったら、涼しげな夏の絵柄では なく、秋らしい色や柄にしたほうが、[季節や場に馴染むと感じるのが日本人の感性] なんです。

「秋らしい」服装ですね。や「春っぽい」装いですね。と言うのは季節に合ってますね、とか、 場に馴染んでいますね。というような相手を褒める言葉なんです。

しかし、その季節に合わない服装だと、「暑苦しい」服装だ。または「凍えそう」な 装いだ。と言うことからも伺えるように、私たち日本人はこのように、日々季節感を意識している ことに気付かされます。


副業収入をネットビジネスのスキルで稼ぐ!



いかがですか?このようにb「衣替え」は、日本人の感性と深く関わっており、また衣替え を通して衣服の季節感を感じたり、[衣服の収納や整理整頓の仕方] などを学んできた訳なんです。

人の暮らしの中にある行事は、季節から季節へと巡りながら繰り返されますので、それらを身体で 感じながら育って行く子ども達にとっては、それらの行事自体が躾や教育に繋がっているんです。

ところで、これら [日本の四季折々の風景や行事] などを、自分の目で見て感じたことを ホームページに残せていけたら如何でしょうか。

ご自分の [得意分野] でもいいし、専門的なことでもいいでしょうし、自分がこの世に [生きた証] として、記録としてホームページに残すことができたらいいと思いませんか。

ブログなどでも「備忘録」を書いたりする人もいますが、ブログは場所を借りている、 言わば仮住まいなのですね。ですから大家さんが、もし出て行ってくれと言われれば出ていかなければ なりません。

これまで書き溜めてきた記事も、すべて消えていくというリスクもある訳なんですね。 なので、一生自分のものとして残したり、半永久的に他とシェアして行くためには、自分のドメイン で自分で作ったホームページに残す方法がベストなんです。

あなたも、自分で本格的にホームページが作れるスキルを手に入れて見ませんか? この講座でなら、あなたもスムーズにマスターすることができると思いますよ。

今までは書籍を出版して後世に残すというのが生きた証の残し方でしたが、これからは インターネットの時代です。紙媒体ではなく、ホームページにデータとして残す 方法が主体になります。




Copyright © 2015 初心者におすすめ ネットビジネスの始め方 All rights reserved.
by 飛鳥塾オフィシャルサイト