副業ガイド|ホームページ作成スキル











 敬老の日は孫からのメッセージ
 
ホームページ作成スキルで稼ぐ副業ガイド

 
トップページ 副業ネットビジネス 副業アフィリ 特定商取引法 お問い合わせ
ホームページ副業 副業と年間行事 副業と成功呼吸 金持ち県ランク 副業と誕生石物語 副業キーワード
HP作成スキル
 TOP副業と年間行事 >敬老の日は孫からのメッセージ
 

 敬老の日は孫からのメッセージについて


武器の獲得は [WEB講座] それとも [テンプレート]



あなたは [副業で稼ぐ] ための武器となる 【ホームページ作成スキル】 WEB講座 で身に付けますか?それとも ホームページテンプレート で習得しますか? 何れにしても・・ (ホームページで [副業や自分史] に関する情報は後半にて)

 

1920年代の平均寿命って、男42歳、女43歳だったって知ってましたか? そして [1950年頃、つまり60数年前の平均寿命は、男50歳、女54歳] くらいだったんです。 それから60数年後の現在では、[男性で80歳を超え、女性は87歳] を超えているんです。

人口統計では、定常な「対象となる年の各年齢の死亡率が今後も維持される仮想的な」個体群に ついて平均寿命を求める。と難しい表現なのですが、つまり、[平均寿命とは0歳児の平均余命のこと である。] ということなんです。

そうなんですね。したがって [0歳児の平均余命が平均寿命にあたる] 平均寿命は、 日本の死亡状況を集約し、保健福祉の水準を総合的に示す指標として広く活用されている訳なんです。

厚生労働省が毎年発表している「簡易生命表」で明らかにされるのですが、年齢別の死亡率 をもとに、各年齢層の男女が、あと何年生きられるかを示す平均余命を算定したものなんです。

平均寿命は、その年の事件や事故など特殊要因によっても影響を受けることがあります。 例えば、「阪神大震災」「東日本大震災」のあった年、または、インフルエンザなどの伝染病 が大流行した年には、やはり前年の平均寿命よりも短くなっているということです。

そういう意味でも、[40歳代と極端に平均寿命が低かった戦後] まもない時代は、病気や実際の 寿命で亡くなる人だけではなくて、[戦死者など戦争に影響された平均寿命] だったということがある 訳ですね。


40歳代と極端に平均寿命が低かった戦中戦後



現在では、平均寿命も男性で80歳を超え、女性に至っては87歳を大きく上回っています。 平均寿命が高くなるに連れて、[単純に考えると死なない年寄りが増える] ということなのですから、 今後益々老人社会が推進していくということになります。

そこで「敬老の日」に関してですが、そもそも敬老の日は1947(昭和22)年に、 兵庫県野間谷村「現在の多可町八千代区」で始まったと伝わっています。

当時の村長と助役の2人が「老人を大切にし年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」という 趣旨のもとに、「としよりの日」を提唱したのが始まりだということです。

当時の兵庫県野間谷村では、一年のうちで気候がよく農閑期にもあたる9月中旬あたりの15日 を、その [としよりの日] と定め敬老会が開かれたということです。

それから3年後の1950(昭和25)年からは、兵庫県全体で敬老会が行われるようになり、 この年に「9月15日をとしよりの日にしよう!」という、県民運動が始まったそうです。 そして、この運動は翌年になると全国に広がって行くことになります。


「年寄りの日」から「老人の日」に変更する



1985(昭和26)年には、中央社会福祉審議会が、9月15日を「としよりの日」 と決めました。また、9月15日から21日までの一週間を、運動習慣として [としよりの日] 運動を 推進することになりました。

しかし「としより」という表現が良くないと、[全国各地で改名の議論] が起こりました。 これを受けて、1963(昭和38)年に、老人福祉法制定に伴い [としよりの日] 改め [老人の日] として定められることになります。

よって、翌1964(昭和39)年から、9月15日を「老人の日」と改称されることに なったのです。すると、その翌年に兵庫県野間谷村から「こどもの日」「成人の日」はあるの に年寄りを敬うという「敬老の日」が無いのはおかしい!のではないかという声が上がり ました。

その後も、幾度となく政府への働きかけが行われた結果、[老人の日] は [多年にわたり社会に つくしてきた老人を敬愛し長寿を祝う] として「敬老の日」が制定され、国民の祝日に 加わったという訳ですね。


「敬老の日」が9月の第3月曜日となった理由



それから暫く「敬老の日」は、9月15日で定着していたのですが、ハッピーマンデー制度 の実施に伴って、[9月15日から第3月曜日] へと変更されることになったのです。

しかし、この法改定を全国老人クラブ連合会などが大反対する結果になったので、平成13年に 国が9月15日を「老人の日」とし、その日から一週間を「老人週間」と定めることに決定しました。 これに伴って「敬老の日」が9月の第3月曜日となったという経緯なのです。

「平均寿命や敬老の日」に関する内容で調べてみますと、お年寄りの数が毎年増えて比率的 に若い世代が年々少なくなってる時代ですし、若い人が多くの老人を支える時代になりつつあります。

若い世代の負担を少しでも少なくするために、お年寄りは可能な限り自立する必要があると思い ます。私自身も数十年後、少なくとも近い将来には若い人のお荷物になるかも知れません。

誰でもそういう時期が必ず訪れるのですが、そうなってから慌てるのではなく、そうなる前に準備 をして置くことも重要なことではないでしょうか。


副業収入をホームページ作成スキルで稼ぐ!



その一つとして、私は一年前から「本格的なホームページ作成スキル」 を身に付けるために、ホームページ作成を学ぶ「ウエブ講座」に入構しました。

これからの社会、益々インターネットが盛んになって行く時代になることは、誰もが疑う余地の ないことなのではないでしょうか。そんな中、[インターネットで活躍できる場を持つ] ためにも、 ホームページ作成スキルは強い武器になって行くはずです。

もし、肉体的に運動的に思うように身体を動かすことができなくなっても、パソコンがあれば [外との交流もできるし活動もできる] 、そしてそこから収入も得ることも出来れば如何ですか?

少ない年金に頼ることもなく、家の中でもベットの中でも、または旅行中でもパソコンが 一台あれば自由に老後を楽しめる生き方ができると思いませんか。

以前、私がそのようになることを願って始めたのが、この [ホームページ作成スキル] を習得する [ウエブ講座] だったのです。

[このスキルをマスター] すれば一つには、例えば「ホームページ作成サービス」 を開設することができる。つまり、ホームページが欲しいけど業者にたのめば料金 が高くて手が出ない!と思って諦めている [店舗や小規模会社の経営者の方や個人の方] は結構 いらっしゃいます。

そんな方に、格安で「ホームページ」を作って上げれば喜ばれた上に感謝まで されますし、老後、社会と繋がる活動としても、収入を得る手段としても活用できるのいが 「ホームページ作成スキル」なんですね。是非あなたも6ヶ月間チャレンジ してみてはいかがですか?


もし、あなたが [副業で稼ぎたい!] と思われているのなら、先ずは 自分でホームページを作れることが非常に大きな武器になります。 あなたがインターネットで副業ライフを現実のものにするためにも、まずは ホームページ作成スキルを是非身に付けて 下さい。





Copyright © 2015 副業で稼ぐホームページ作成 All rights reserved.
by 飛鳥塾オフィシャルサイト