副業ガイド|ホームページ作成スキル











 お盆休みはいつからいつまで?
 
ホームページ作成スキルで稼ぐ副業ガイド

 
トップページ 副業ネットビジネス 副業アフィリ 特定商取引法 お問い合わせ
ホームページ副業 副業と年間行事 副業と成功呼吸 金持ち県ランク 副業と誕生石物語 副業キーワード
HP作成スキル
 TOP副業と年間行事 >お盆休みはいつからいつまで?
 

  お盆休みはいつからいつまで?について


武器の獲得は [WEB講座] それとも [テンプレート]



あなたは [副業で稼ぐ] ための武器となる 【ホームページ作成スキル】 WEB講座 で身に付けますか?それとも ホームページテンプレート で習得しますか? 何れにしても・・ (ホームページで [副業や自分史] に関する情報は後半にて)

 

その昔、お釈迦様の十番弟子の一人で「神通力」を修行した第一人者と云われている「目連尊者 もくれんそんじゃ」が悟りを開き、お釈迦様の教えの通り母親を餓鬼から救うことができた事 に感激して、この慣わしを、後々までに残したいとお釈迦様に申し出ました。

お釈迦様は、旧暦7月15日に色いろな飲食を盆に盛り、同じように仏や僧や大勢の救いを待つ人 たちに供養すれば、その功徳によって沢山の先祖は苦しみから救われて、今生きている人も幸せを 得ることができると説いたのです。

これが [現在のお盆行事の始まり] で、仏様や先祖の恩に感謝し、家族や親戚が集まってお墓参りや 迎え火などをして、ご先祖を供養する行事になったのだそうです。

また、お盆の歴史は古く、日本で行われたのは朝廷の時代で推古天皇(606年)7月15日 斎会を設けたのが初めてとされ、斎明天皇(657年)飛鳥寺で「盂蘭盆会うらぼんえ」が催されたと あります。


初盆には四十九日 一周忌 三回忌などの法事



その後、[お盆行事は武家・貴族・僧侶・など宮廷の上層階級] で主に催されました。一般庶民に 広まったのはその後、江戸時代だと伝わっています。江戸時代に入ると庶民の間にも仏壇やお盆行事 が普及し、又、ローソクが大量に生産されることによって、[提灯がお盆にも広く用いられる] ようになったということです。

また、8月に行うお盆の行事は「月遅れ」のお盆になります。東京など関東圏の一部では 7月15日を中心に行われる場合もあるようですが、今では夏休みなどに合わせた月遅れお盆が 全国的に一般化して、8月13日から16日まで行われるところが多いようです。

お盆とは、祖先の霊を「祀る、まつる」ために行われる行事です。 お盆は仏教行事の一つと言われていますが、仏教の「盂蘭盆うらぼん」とは「盂蘭盆会うらぼんえ」 を省略した呼び方だそうです。

初盆には「四十九日 一周忌 三回忌」などの法事や法要とは別に、法要として供養の儀式 が営まれます。初盆以外のお盆には、遺族だけで祖先の霊と一緒に供養をするのが一般的になって います。

現代では、一般的に「お盆は、年に一度祖先の霊が帰ってくる期間」とされています。 [迎え火を灯して、祖先が迷わないで家にたどり着かれる] ようにお迎えし、帰って来られた祖先の 霊を家族や親戚などが集まり供養をします。


お盆の期間が過ぎ送り火を焚いて死者を送る



お盆の期間が過ぎると、送り火を焚いてお送りするというのが、一般的に行われている 行事なのですが、この先祖の送り方には、地域によって様々な形でお送りするようです。

因みに、私の実家では海が近かったこともあり、精霊流しで先祖を送るのが一般的に行われて いました。中には、[豪華な飾りを施した立派な舟を流して先祖の霊を送る] 人たちもいました。

海の近くでは「精霊流し」の舟で送り、川の近くでは「提灯を流して」送ったり、 お墓や納骨堂に直接送りに行く地域もあるようです。

企業などもお盆の期間、現在の8月15日前後から夏期休暇とするところも多いのですが、 これは江戸時代に、[小正月1月15日] と [お盆 旧7月15日] の時期を商家が「薮入りやぶいり」 として、奉行人たちに [実家に帰す休日] としていたものが、盆休みとして定着してきたものだ そうです。

お盆の時期は、[旧暦7月15日頃] を中心とした期間とされています。 旧暦の7月15日頃は、現在の新暦では8月15日前後にあたりますが、関東地域の一部では、 今でも旧暦の7月15日頃にお盆の行事を行うところもあるようです。

お盆の13日は、「盆の入り お盆の入り 盆入り 迎え盆 迎え火」などと言われ、先祖の 霊を家に迎えるために精霊棚を飾る習わしがあります。そして、地域によっても様々ですが、 お墓の掃除やお墓参りをするところが多いようです。

14日15日は「盆の明け 盆明け 送り盆 お盆の法要」など、供養の儀式を行います。 供養の儀式も地域によって様々な形があるようです。

16日は「盆の明け 盆明け 送り盆 送り火」などと云われ先祖の霊を送る日です。 そして、お盆独自の飾りとしての「精霊棚」には独特の飾り付けがあるようですが、 主なものに精霊棚 (盆棚とも言う) や盆提灯などがあります。

迎え火と送り火は、お盆の入りには祖先の霊「精霊様おしょうらいさま」が迷わず に帰って来られるように明るく照らすという意味で迎え火を灯し、お盆明けには「祖先の霊を送り出す」 ために迷わずにあの世に帰っていかれるように送り火を灯して送るのです。


副業収入をホームページ作成スキルで稼ぐ!



お盆について色いろと調べていましたら、先祖を大切にする心を持つ意味が身に染みて 解りました。私たちは、[チョッとした困難や苦労に出会う] と、自信をなくして人のせいにしたり、 能力の無さに自分を責めたり前に進むことさえ諦めてしまうことがあります。

でも、考えてみて下さい。私にもあなたにも、[お父さんとお母さん] がいます。そしてその父と母 にも、そしてまた、その父と母にも、そしてまた・・[こうして遡って行くと生命の源] であるアメーバ に行き着く訳ですが、この途轍もなく長い年月の間には、[氷河期もあり、疫病も流行り、戦もあり 天変地異も起こり、地震もあって、戦争もあり] 想像も付かない数の人たちが死んでいってるのです。

あなたや私も、今ここに存在しているってことは、自分たちの先祖がただ一人として欠ける ことなく続いて来たお陰で、あなたや私はここに存在しているということです。

唯の一人として欠くことなくですよ。 これって、奇跡じゃないでしょうか。そう考えると、 日頃から私たちが [毎日行っている当たり前の事柄自体が奇跡] だとは言えないでしょうか。

こんな奇跡のような私たちの生命は、80年ほど生存を赦されていますが、この80年と いう時間を自分はしっかり生きているのだろうかと、時々私は考えてしまいます。

今できることをして生きようと、1〜2年前に [本格的なホームページ作成スキル 習得」を思い付きました。そして今では、ホームページで多くの人たちと 繋がり、多くにお人たちと共有できることに喜びを感じて生きています。

それが出来るのも、「本格的なホームページ作成スキル」を身に付けたから なんです。


もし、あなたが [副業で稼ぎたい!] と思われているのなら、先ずは 自分でホームページを作れることが非常に大きな武器になります。 あなたがインターネットで副業ライフを現実のものにするためにも、まずは ホームページ作成スキルを是非身に付けて 下さい。





Copyright © 2015 副業で稼ぐホームページ作成 All rights reserved.
by 飛鳥塾オフィシャルサイト